クリアなケースを使った、見える・重ねる収納法!ダンボールも便利に

クリアなケースを使った、見える・重ねる収納法!ダンボールも便利に

いつの間にか、服も雑貨も食器もおもちゃも、収納場所に困るくらいたまっってしまってる…なんて経験はありませんか?定期的にもしくは何かのきっかけがあったときに、一斉大掃除をするたびに大量のゴミ!と化すわけですが、「まだ使いそう」「捨てられない…」と収納することになるものもありますよね。

おすすめの「える・重ねる収納法」

増えていく『お宝』ですが、ちゃんとケースに入れて収納すると、場所も取らずにすっきりします。おすすめは、「見える・重ねる収納法」。100均ショップでは小さいケース、ホームセンターでは収納ケースなる大物まで手に入り、用途に合わせてサイズを変えて購入できます。「見える・重ねる収納法」のポイントは、ケースがクリアで中が見えること。ケースを開けなくても中に入っているものが分かるので、大変便利です。

服などは特に、くるくる丸めて整えて入れておけば、ゴソゴソと中のものをすべて取り出して探すことが必要ないので、時間も労力もムダになりません。すっきりと見せるために、ケースは同じサイズのものでそろえること。

クリアケースサイズ別にわけよう

サイズがいろいろだと重ねて収納するのが難しく、かえってごちゃごちゃする原因にもなります。もちろん、収納するものによってはサイズが違うケースが便利な場合があるので、違ったサイズをいくつかそろえることもいいでしょう。

その際は、大きなケースの半分の大きさのものを2つか4つそろえて、重ねてもすっきり同じ幅または奥行きできれいに収まるようにすると、スペースも上手に使えてすっきりします。クリアなケースで「見える・重ねる収納法」、おすすめです。

スーパーにある無料のダンボールを活用して、お金をかけずにカラーボックスの収納力をアップ!

ダンボール

先日引っ越しをしたのですが、とにかく収納が少ない家で、どうモノを収納していこうかと悩んでいました。

大きなタンスは引っ越し時にすべて処分してしまったので、新規になにか収納家具を購入すべきかとも思ったのですが、また将来転勤があったときのことを思うと、なるだけ大きくて重い家具の購入は避けたいし…。とそんなことを思っていた矢先、スーパーマーケットで大量のダンボール箱が「ご自由にどうぞ」と無料でお客様に提供されているのを目にしたときに、ピンときました。

カラーボックスのサイズにあうダンボールを探す

家にいくつかあるカラーボックスに、サイズの合う丈夫なダンボールを見つけて、カラーボックスの収納力を上げることができるのではないかと。そこでいくつかサイズの合いそうなダンボールを持ち帰り、早速試してみました。さすがにぴったりのサイズのダンボールというのはなかなかなかったのですが、ペットボトルが入っていた段ボールが、丈夫でキレイでサイズもかなり合っていました。

ダンボールでも見た目が大事

ただ商品名やブランド名がしっかり記入されているので、収納力はupしましたが見栄えは良くありません。そこで100均の木目のシールを購入し、目に見える面をそのシートでコーティングしました。するとインテリア的にも統一感が現れました。最近おしゃれな収納雑貨もたくさん出ていますが、無料のダンボールを活用してみるのも、経費削減にはいいかもしれません。

物がなくなりがちな我が家の断舎利と収納に、活躍するのが100均グッズと収納の本とメモ用紙。

ダンボールで収納

私の家は1年間で変わりました。子供の成長とともに山ほど、不用なおもちゃが出てきました。もらったものや着れなくなった服、私の趣味で途中でやめたもの、さまざまなものが家を占領しており、それが当たり前になっていました。

しかし、ある友人の家を訪ねたとき考えを変えさせられました。すっきりしていて同じ4人家族の家とは思えませんでした。しかも、私と同じ散らかしの性格と思っていたので、その家のきれいさにうらやましさを覚えました。それから、私は少しづつけることにしました。

収納前に必要のないもの処分

まずは、物を減らすこと。これは本にも書いてありました。確かに使わない鍋や食器。タンブラーやお弁当箱がありました。それらは処分しました。さらに服は状態のいいものは、フリマアプリに出品しました。ほかは、古着屋さんに持って行きました。

ダンボール10箱はありました。アパートの狭い空間によくこんなに物があふれていたなと思います。それから、100均の収納本を買って研究です。大きい家具や収納道具を買っても肝心の何を入れるのか決めないと意味がありません。

予算も考えて収納グッズ選び

だから、予算も考えてすのこやトレイを使って組み合わせて収納を作りました。リビングもおもちゃがたまりがちなので100均トレイにおもちゃとかいて管理しました。床に散らかっていた小さなおもちゃや雑誌を収納する場所も作って今は、どこに何があるか分かりやすくなりました。