魔法の言葉で片付け上手に

魔法の言葉で片付け上手に

収納しようと思っていてもいざとなるとやる気が・・・。なんてことがありますよね。やる気を出すために魔法の言葉でモチベーションアップ!片付けの基本は脳から。

片づけにくいから片付かない

収納できない原因は収納場所にも原因が。もともとそのままでは片づけにくいというケースがよくあります。置く場所があいまいになっていないか、そのスペースにものがはいるか、そこに置くと使うとき遠くないか。今一度見直してみましょう。

片付けるのは何が目的?

なぜ片づけをするか目的を頭にいれておきます。「散らかっているから」という考え方ではストレスがたまります。動こう「収納すれば家事がスムーズにいくから」、「子供が遊ぶ場所を綺麗にしておきたい」など目的を決めます。

ズボラな人は収納上手?

意外に感じるかもしれませんが、収納は普段ズボラな人に向いています。それはどうしてだと思いますか?。ズボラな人なら家事や生活を楽にしたいと考えますよね。ここに置いておくと動かなくても取れる、とか。大切なのは整理整頓にをいかに楽にするかということなんです。

家は都会にある家だとおもいます

いらないもので満たされている家だとしたらもったいないですよね。そんな時は不用品のリストラ。必要を感じないものはまだ壊れていなくてもどんどんリストラしちゃいましょう。

キッチンの収納上手になれ

キッチンは一度に使うものも多く、調理器具も多い部分です。特に一人で使う場合があるので、キッチンは整理整頓の基礎を学ぶにもってこいの場所です。

いつか使えるをやめてみよう

「いつか使えるからとっておく」こう考えるのが普通なのかもしれませんが、実際のところいつか使う機会はほぼないですよね。使えるかどうかと考えるよりも、確実に使うか使わないかで選びましょう。

物の個性で分類する

重いもの軽いもの縦にくものなどものは色々ありますが、その物の個性と実用性を考えて収納しましょう。本なら重く、上に置くと取れません。収納するときは立てて使いますよね。そうゆう個性を考えて整理してください。

収納にも相性がある

収納には相性があります。よく使うもの、使わない物、などよく使うものは手前に置いたり考えながら整理します。あなたの収納脳が閃くと新しい整理整頓の方法がみつかるかもしれませんね。

収納には愛情がたくさん含まれています

収納するということは、家の中で快適に過ごすためであったり簡単整頓で時短をして家族とゆっくり時間をを過ごしたりと、その先には愛情がふくまれています。収納するときは一緒に生活している人のことも想像しながら整理してましょうね。