【かさばる紙を収納】書類の整理のお悩みを解消法!

【かさばる紙を収納】書類の整理のお悩みを解消法!

書類や連絡網など捨てられずにどんどんかさばっていませんか?誰でも悩む紙の収納問題を解決しましょう。

紙収納の悩みベスト5

  • 1位 子供の工作
  • 2位 取り扱い説明書
  • 3位 本・雑誌類
  • 4位 学校のプリント
  • 5位 ハガキ<

思い出に残すために捨てられない子供の工作類が1位です。学校での記念のものはなかなか捨てられません。そのうちにどんどんたまっていって収納ケースにいれられ押入れにはいっているんが定番ではないでしょうか。他にも学校からでるプリント類は毎日のように増えていきます。ここを整理していきましょう。

子供の工作の収納方法

学校で作ってくる工作の作品はどう整理したらいいでしょうか。紙類の整理に最適なのがスマートフォン。このカメラ機能が便利です。工作を持ち帰ったらまず写真を撮りましょう。その後に収納ケースにしまいます。これだけで片付きます。ケースが一杯になったら必要のないものを捨てる。これの繰り返しで一定以上たまらなくなるんです。捨てた後でも見たくなったら写真を見ることで納得しますよね。

取り扱い説明書の整理

家電類を買うと必ずついてくるのが説明書。最初の数回は使うのですが、後は年に1度使うかどうかです。いざ使うと時にもどこにしまってあるか変わらなくなることも多いですよね。家にない商品の説明書もよくたまってしまいがちです。

ファイリングで一括整理

説明書はファイリングにまとめましょう。透明なものを使い説明書をいれます。ファイリング1つの中でも20個以上はいれることができ、且つ一箇所にまとまって探すときにも便利ですよね。使うタイミングで家にない商品の取り扱い説明書を見つけたらその場で処分もできるので便利な方法です。

本や雑誌をスッキリ

大きめで増えればふえるほど邪魔になるのが本類です。ですが本類に関しては古本屋や古新聞に出しましょう。捨てるのはおしいと思えるものでも古本屋に売ることで次にまた読んでくれる人が見つかります。

学校のプリント類を整理

ファイリング

毎日増えるのが学校のプリント類。処理に困る人も多いですよね。

クリアファイルとファイリング

プリント類はやはりファイリングが便利です。クリアファイルなどはかならず透明なものを選びましょう。絵がついてなく、中身の見えるものを使います。お母さんが読むものは冷蔵庫などにはります。磁石付のクリップタイプの
ものを使いはさんでおきましょう。子供のものはこどもの引き出しの手前にファイリングしていれておくと簡単に整理することができます。

写真で撮影しても便利

もうひとつ裏技として便利なのが写真でプリントを撮影して残すことです。撮影したら捨ててもかまいません。心配な場合は時期がすぎるまで待ってから捨てましょう。この時の注意点はプリントが切れてたり、文字が読めないくらい小さい場合があるので注意して撮影します。必要がなくなったらデータを削除するだけで整理できて便利なのでオススメですよ!。

年賀状やハガキ類の整理

年賀ハガキ

毎年溜め込んでしまうのが年賀状。特に捨てられない人が多いのです。

思い切って一年で廃棄

捨てにくいものですが、ここは期限をつけて捨てるのが望ましいです。捨てたくない人からのハガキや、写真がついてとっておきたいもの以外は一年とっておいたらで処分しましょう。期限をつけることで普段捨てにくいものも整理することができます。収納のコツは期限を決めたりルールをつけることです。そのルールを守ることで収納された綺麗な部屋が持続されるだけではなく、不要なものお整理できるようになります。ぜひ、チャレンジを。