収納術をつくる考え方のテクニック

収納術をつくる考え方のテクニック

収納に大切な事は考え方が大切です。収納術のルールを覚えることで片付けの悩みを解消しましょう。

物を減らす(処分)ポイント

収納の前に片付けるスペースはありますか。家の中に必要以上の物があっては方づけられません。この機会にいらないものを減らしていきましょう。クローゼットや押入れなどのものは特に整理したい場所です。

物を全部だしてみよう

物を捨てるといっても何をすてればいいかわからない、そんな時は引き出しや棚のものを全部出してみるのが整理の早道です。

「いるもの」「いらないもの」で分けてみよう

全て出したらその中から必要なものを選びます。いるものといらないものに分類します。余りがちな箸などのような日用品はこの再に新しいものにかえるなどして整理。

判断基準に迷ったら

テレビ台と整理棚

ほとんど使っていないもの

ほとんど使うことのない調理器具や自分の趣味にあわない頂物など処分します。新品のものは捨てにくいので、メルカリなど売るなどしましょう。

壊れたおもちゃや期限切れのもの

紙類、クーポンなどは即捨てます。壊れているおもちゃや欠けている食器なども処分しましょう。

使わなくなったもの

健康グッズなど使うことがないものは処分します。一度しか見ていないDVDや、来客用の食器など生活に必要ないものは捨ててもいいものです。

しまう場所をきめよう

しまう場所を決めるということが大切って知ってましたか。しまう場所を決めないことで物が常にちらかるという原因を作っています。

スペースの中で低位置を決める

棚や引き出しなど一定のスペースの場所はその中で物をしまう低位置を決めます。他にも普段使うものを置く定位置を決めておくことで使いやすくなり無駄なスペースの防止にもなります。

定位置を決めよう

判断基準はよく使うものと使わないもの。調理用具はよく使うものを手前にたまに使うものを奥におきます。洋服も前後にわけたり左右にわけておきます。電化製品等は使う場所の近くにものを置くことも大切です。動く動線も考えて配置します。

整理した後はスッキリをキープ

スッキリ収納された部屋

せっかく片付けても一週間もしないうちに散らかっているという事はよくあります。その原因は物を使ったあとに元に戻さないことが原因です。整理された部屋をどの程度キープするかが収納術の脳を作ります。

家になんでも持って帰らない

物がひとつ増えることで家のスペースも使うことを考えます。友人などから不要なものをいただいても持って帰った時のことを考えてから持ち帰ります。必要か不要なものかはできるだけその場で判断してください。

失敗しない収納グッズ選び

収納は道具は上手に選ぶことが大事。グッズの特性を見て活用します。

100均のグッズはまとめて買う

100円ショップは商品の変化が早いため、再度購入しにいった場合に、同じ商品がないというケースがあります。気に入った収納グッズを見つけたらまとめて買うようにしましょう。

丸い商品と四角い商品どっちを選ぶ?

丸い商品を階勝ちなのでうが、丸いものは角がデッドスペースになるので
置いて使うことw考えると、四角い商品のようが無駄なペースを使いません。

買い物の前には必ず寸法を測ってから

意外と目検討で購入される方が多いのですが、実際にもってかえるとスペースがとれずに、使えなかった商品はありませんか?。ちょっと手間にはなりますが、サイズを図っておいてスマートフォンのメモ帳などにあらかじめ記載しておくと便利です。

色を揃えて購入

色は意外と重要で同じ色のものでまとめておくだけでも、スッキリと見えます。同じテイストのものを購入してつかいましょう。

キャスター付フタ付のものを選択

キャスターは移動する時にあるとないで雲泥の佐があります。使いやすいようにキャスター付やフタ付のものw買いましょう。

多目的な商品を選ぶ

ひとつの機能だけではなく他にも代用できる商品を使いましょう。無駄なものは少しでも省きましょう。

収納術のまとめ

収納術はいかがだったでしょうか。当たり前なことなのですが意外とできていないものです。ちょっと思考を変える事で収納術を身につけてあなたなりの収納術にしましょう。まずは自分の部屋からやってみましょう。