トイレの収納スペースを有効活用

トイレの収納スペースを有効活用

トイレ収納

トイレの収納スペースを有効活用

トイレは家族だけでなくお客様も使うので、いつもさわやかにしておきたいですよね。トイレットペーパー、カバー類など意外に使うものが多いのに、収納スペースが少ないトイレ。すき間やデットスペースを利用して、上手に収納したいものです。スペースの大きさや形に合わせて簡単に棚を作ると、きれいにまとめられます。見せると隠すを使い分けて収納します。

トイレにあると便利なもの

洗剤・除菌シート・トイレポット・トイレブラシ・トイレットペーパー・衛生用品・タオル・マット・芳香剤・消臭剤

収納のポイント

  1. トイレの中に充分な収納スペースがない場合は、棚や家具を設置して収納スペースを作ります。
  2. たまに取り出すストック類は上段が壁側に置き、こまめに使う掃除用具は取り出しやすい場所に置きます。床や棚の上はホコリがたまりやすいので、じか置きしないでカゴやケースに入れましょう。

トイレタンクの上

タンク上の空間は、トイレットペーパーや洗剤を置くには絶好の場所です。突っ張り棚を利用すれば、壁を傷つけずに棚を作ることができます。棚は頭より少し高い位置に張ることがポイントです。すっきり見せたい場合は、手前に突っ張り棒を渡してカーテンをつけるといいでしょう。

トイレタンクの下

トイレタンク下のほんのわずかなスペースも、突っ張り棒2本で立派な収納場所になります。2本の突っ張り棒は、タンク下にあるパイプをはさむようにして平行に張ります。棒の上にカゴをのせ、トイレットペーパーのストックやタオル、生理用品を置いたり、芳香剤を直接吊るしてもいいでしょう。

らくらく掃除術

水に浸し固く絞ったぞうきんで、棚の上、壁、便器やタンクの外側、床の順で、ていねいに拭きます。「混ぜるな危険」と表示されている、酸性タイプと塩素系タイプのものは、同時に使わないように注意しましょう。スリッパも忘れずにサッとひと拭き。拭き掃除が終わったら充分に乾燥させましょう。

便器のふたは閉じるだけで湿気がかなり防げます。